自己紹介 - 堤泰秀(ブロックコーディネーター)

ブロックコーディネーターの堤泰秀です。由布市、大分市、臼杵市、津久見市、佐伯市の親族内承継の事業所さんを担当しています。

 大分市生まれ、人生63年のほとんどを大分で過ごしてきました。昔、東京から帰ってきて、くじゅうの山に登ったり深島の海に潜ったりすると大分って綺麗だなと感じたのを覚えています。


 大分県庁に勤務し、労務管理や経営にも興味を覚え、独学で勉強、社会保険労務士と中小金業診断士の資格を取得。退職後、第2の人生をと考えていて「最低賃金総合相談支援支援センター」のコーデイネーターとして1年勤務。その後、事業引継ぎ支援センターに採用され、親族内承継についての相談対応や支援を行うブロックコーディネーターとして働いています。


 子供の頃、近所には、農家、商店主、大工、床屋、美容室など多彩な自営業の方がいました。そんな近所のお店がなくなっていくのを寂しく感じる今日この頃です。センターの支援で、事業承継が少しでも進み、地域に活気が戻ってくれればと願っています。

53回の閲覧

​令和元年度補正予算 プッシュ型事業承継支援高度化事業

大分県事業承継ネットワーク事務局|大分県商工会連合会

​〒870-0026 大分市金池町3丁目1-64 大分県中小企業会館5F

© 2020 大分県事業承継ネットワーク事務局

本事業の運営は、中小企業庁より大分県商工会連合会が受託しています。