ホーム > センター概要 > スタッフ紹介

スタッフ紹介

大分県事業承継・引継ぎ支援センターのスタッフを紹介しています

 当センターには、事業承継についての専門的な知識と経験を持った専門家11名と事務局員2名が在籍し、大分県内の中小企業・個人事業主の事業承継に関わるご相談に対応しています。​

センター長 兼 承継コーディネーター

上尾 光邦

当センターの統括ならびに、親族内承継業務を統括。親族内承継担当のサブマネージャー、経営者保証コーディネーター、エリアコーディネーターの円滑な業務運営のための支援及び事業計画・事業の進捗管理等、事務統括業務に携わる。商工会の経営指導員として小規模事業者の経営改善普及事業に従事、商工会連合会の商工会指導員として商工会組織の指導支援。2018年4月から大分県事業承継ネットワーク事務局の承継コーディネーターとして従事。2021年4月から現職。中小企業診断士、一級販売士。

上尾 光邦

統括責任者

山村 文彦

第三者承継支援担当。第三者承継業務を統括。事業承継にお悩みの中小企業経営者の皆様に対して、これまでの営業活動を中心とした業務経験や組織マネジメント力を生かして、取引金融機関ほか専門家士業の皆様のご支援を受けながら、事業承継支援のネットワーク体制強化に努めてまいります。地元の地方銀行に32年間勤務し、その後、グループ会社で8年間勤務。2021年7月より、大分県事業引継ぎ支援センター統括責任者として従事。

山村 文彦

経営者保証コーディネーター

神志那 和美

経営者保証解除支援担当。2020年3月に大分県信用保証協会を退職。2020年4月より大分県事業承継ネットワーク事務局の経営者保証コーディネーターとして従事。まずは、新しい制度について事業承継を目指す中小企業経営者とその後継者、金融機関、支援専門家の皆さんに「知ってもらい」、そして「使ってもらう」が重要と思います。後継者の皆様が安心して事業承継ができるように、相談者に寄り添い経営者保証解除に向けた取組を推進します。

神志那 和美

エリアコーディネーター

工藤 龍雄

主に豊肥地域、西部地域の親族内承継、第三者承継案件の掘り起こしを担当。2018年4月からブロックコーディネーターを担当し、これまで50社以上の事業所の事業承継支援をサポート。大分県商工会連合会のOB。経営指導員として、玖珠町・天瀬町・湯布院町・豊後大野市の各商工会に勤務し、経営・税務・金融・労務等小規模事業者の経営改善事業に従事。特に12年間勤務した湯布院町商工会では、牛喰い絶叫大会や食文化フェア等全国的に有名なイベントの運営に携わった。

工藤 龍雄

エリアコーディネーター

堤 泰秀

主に中部地域、南部地域の親族内承継、第三者承継案件の掘り起こしを担当。事業承継診断等の支援及び必要に応じて面談、課題の整理に従事。大分県職員を退職後、1年間、大分県最低賃金総合相談支援センターのコーディネーターとして、業務改善助成金の利用による中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援。その後、2018年4月より大分県事業承継ネットワーク事務局ブロックコーディネーターとして親族内承継の支援に従事、2021年4月より本業務に従事。中小企業診断士/社会保険労務士。

堤 泰秀

エリアコーディネーター

岩崎 美紀

主に東部地域、北部地域の親族内承継、第三者承継案件の掘り起こしを担当。事業承継に関する相談対応、より専門的なアドバイスが必要となる案件への専門家派遣支援に従事。東京のインターネット企業にて経営に携わった後、その経験と反省を活かしてコンサルタントに転身。九州・大分を中心に全国の中小企業・小規模企業者の様々な取り組みを支援している。2018年4月より大分県事業承継ネットワーク事務局ブロックコーディネーターを務め、2021年4月より本業務に従事。大分市在住/中小企業診断士・事業承継士。

岩崎 美紀

サブマネージャー

小春 和幸

第三者承継支援担当。県内の金融機関に勤務し、銀行員として様々な事業所との取引を通して貴重な経験を積んできた。定年退職後、それまでの経験を活かせるのではと考え、2018年7月より大分県事業引継ぎ支援センターの統括責任者補佐としてスタート。これまで2年半余り、大分県内全域で従業員承継や第三者承継の相談業務に従事。これまでの相談業務の積み重ねが、承継支援の経験と知識の蓄積となっており、これからも相談者に寄り添った提案・アドバイスを行っていきたい。

小春 和幸

サブマネージャー

朝来 浩一郎

第三者承継支援担当。大分センター開設2年目より事業承継支援に従事し、これまでに300社以上の企業や個人事業者と面談。日々、事業承継成約を目指して大分県内を飛び回っています。地元の百貨店在籍中に中小企業診断士資格を取得し、2008年に個人事務所を開設し独立。主に中小企業の経営改善計画策定や創業の支援をしています。朝来中小企業診断士事務所代表/中小企業診断士・1級販売士。

朝来 浩一郎

サブマネージャー

福田 吉真

第三者承継及び後継者人材バンク登録者支援を担当。県下の中小企業、個人事業の代表者との面談を重ね譲渡、譲受のマッチング活動支援に従事。流通デベロッパー、熊本市の広告制作企業にてマネージメント業務に携わった後地元大分に戻り内閣府「プロフェッショナル人材事業」の大分県マネージャーを担当する。2年間で約300社の中小企業の代表者、人事部長を訪問し事業の訴求推進を図る。2020年4月より大分県事業引き継ぎ支援センターの統括補佐を務める。中小企業診断士。

福田 吉真

サブマネージャー

高山 由佳

第三者承継支援担当。税務・法務等実務支援のほか、各種事業承継相談について、事業課題の発掘・解決支援を行う。大学卒業後、ゲーム会社で大型アミューズメント施設経営全般を、長期信用銀行で国際会議の管理・運営・データベース構築等に携わり、帰郷後、大学院にて会社法等、財産やビジネスに関わる法令全般を学ぶ。その後、ITベンチャー企業、地域金融機関にて、IT利活用、事業承継や相続、経営者や従業員の就業改善等を中心に、様々な事業支援を行う。2019年7月より、当センター勤務。「高山由佳 経営アウトソーシングオフィス」代表。税理士。

高山 由佳

サブマネージャー

栗山 浩一

親族内承継支援担当。事業承継計画策定支援の他、セミナー企画やポータルサイト運営などの啓蒙活動の推進、ベンチャー型事業承継など新たな取り組みの支援に従事。東京のIT機器メーカーにて経営に携わった後、培った経営ノウハウを活かしながら地元密着型の経営コンサルタントとして、大分県内の中小企業の経営を支援している。2019年6月より大分県事業承継ネットワーク事務局ブロックコーディネーターを務め、2021年4月より本業務に従事。栗山コンサルティングオフィス(豊後大野市)代表/中小企業診断士。

栗山 浩一

事務局員

高橋 周作

経理処理を含む事務作業全般を担当。大分県商工会連合会で創業補助金事業、持続化補助金事業に従事した後、2017年からプッシュ型事業の母体となる事業承継ネットワーク構築事業に従事、2018年から2021年4月までプッシュ型事業で事務局員として従事してきました。経理・事務処理関係はもちろん各種データの集計、取り纏め、国や県への報告、コーディネータやマネージャーのサポートなど多種多様な仕事となりますが、事務局内でコミュニケーションをしっかりと行い、円滑な業務に繋がるよう努めていきます。

高橋 周作

2021年7月1日現在